苦しい借金返済は任意整理で軽くなろう!【相談費用は無料】

ジャッジガベル

早期に借金を無くす

弁護士に任意整理をしてもらうと借金額を圧縮、利息カットができます。弁護士費用と債権者への借金を支払っていきますが、負担のないように返済計画を組んでくれます。金銭的に余裕が出てきたら多めに入金したり一括返済もできます。

本

借金の相談を弁護士に

借金問題の相談は弁護士に依頼して解決することができます。弁護士に相談すると費用が高いというイメージがありますが、多くの法律事務所では相談料を無料にしています。家族に知られたくない方も任意整理であれば内緒で手続きができます。

説明

ブラックにならない手続き

任意整理を行うとブラックリストに登録されるデメリットがありますが、登録されずにできる方法もあります。抱えている借金の元本より過払い金の額が大きい場合です。費用も戻ってきた過払い金から清算できるので実質無料で行えます。

電卓

どのくらいコストがかかる

任意整理はいろいろな人におすすめです。柔軟な解決策が利用できることも人気のワケですが、費用的にかなり安くてあまりお金がない場合にも利用できるのも良いでしょう。費用を抑えたい場合にはやはり任意整理がおすすめです。

男性

コストの内訳について

任意整理をする際にはいろいろな費用がかかります。例えば、費用的に一番かかるのが弁護士事務所に支払う報酬です。報酬は債権会社が多ければそれだけかかります。他にも任意整理の費用は無料になることもあるのです。

借金がなかなか減らない

裁判所

法律の専門家に相談を

毎月借金の返済をしているが、残高を確認してみたら1年前から全然減っていない、その原因のひとつに利息があります。消費者金融のカードローンの返済は、本来元金と利息を合わせた金額が請求金額となっていますが、利息分だけ返済をすれば次回に返済日がジャンプしますので、何も言われることはないです。返済金額を抑えられてラッキーと思っても結局元金は減っていないわけですから、元金を減らさないことにはずっと利息だけの返済となっていまいます。借金がなかなか減らないという方は、法律の専門家である弁護士に依頼をして任意整理をすることです。任意整理は、その利息をカットすることができる手続きです。他にも個人再生や自己破産といった手続きがかかりますが、これらは費用や時間もかかります。任意整理であれば、平均でかかる手続き期間は3ヶ月で早ければ2ヶ月で終わり、手続き費用も自己破産や個人再生と比べると非常鬼安価です。任意整理手続き後も返済は続くのですが、今度は利息の付かない元金だけの返済となります。返済計画も立てるので、毎月いくらずつ払っていけばいつ返済が終わるかゴールが分かるので、コツコツ返済を続けていくことができます。もし、現在消費者金融のカードローンの返済中で、いつ返済が終わるか分からない、借金返済でこの先どうなるか分からないとお悩みの方は、一度弁護士に相談されることです。債務整理に特化した事務所であれば相談費用は無料ですし、難度相談しても費用は無料です。正式に受任されるとなってから費用が発生します。