苦しい借金返済は任意整理で軽くなろう!【相談費用は無料】

早期に借金を無くす

ジャッジガベル

一括返済もできる

弁護士に頼んで任意整理をしてもらうと借金額の圧縮、遅延損害金や将来利息のカットをしてもらうことができます。減額後の借金は、毎月分割で原則3年以内に返済が終わるように返済計画を組み直すことができます。弁護士費用も着手金や基本報酬、減額報酬といった費用がかかります。弁護士費用は基本的に一括払いで支払うものなのですが、任意整理を行う人はお金があまりない人が多いのでその辺の事情は弁護士もよくわかっています。そのため、債権者への支払いと弁護士費用を含めて毎月分割で少しずつ返してくれるような返済計画を組んでくれることも可能です。任意整理をする以前よりも返済金額は抑えられますので、生活再建をしやすくなります。任意整理後の返済を続けていくと生活安定して金銭的にも余裕が生まれてくることがあります。そうなった時ですが、任意整理してもらった借金の残高を一括返済をすることもできるのです。一括返済でなくとも毎月3万円の返済での和解契約なら、余裕があるときは10万円返済することもできます。それだけ元金から減ります。そうなると完済予定日は前倒しになります。貸金業者にとってみれば、任意整理後の借金は利息の付かない債権ですので、和解契約通り返済されようが前倒しで早期に完済されようが関係はないのです。一括完済や前倒し返済をするときの注意点ですが、毎月3万円の返済で今月6万円返済したから来月返済しなくてもよいということではないのです。毎月1回の入金という契約なので、この部分は注意する必要があります。