苦しい借金返済は任意整理で軽くなろう!【相談費用は無料】

ブラックにならない手続き

説明

過払い金で貯金生活

返済に不安を抱きながらも10年近く貸金業者から借りたローンを支払い続けている、今は仕事をして安定した収入があるからいいが、まだまだ借金があり、いつ終わるか分からない方は一度弁護士に相談をして任意整理の手続きを検討してもらうことができます。しかし、任意整理の手続きをして不安になるのはブラックリストに載ってしまう、いわゆる個人信用情報機関に事故情報が登録されてしまいますので、今後の借入ができなくなるのです。今は賃貸生活しているが将来は住宅を購入して住み続けたいと考えている方は、ブラックリストに載ることは大きな問題となってしまいます。ただし、任意整理の手続きは場合によってブラックリストに登録されることなく手続きできることもあるのです。それは、現在抱えている債務よりも過払い金の額が大きい場合です。もし、契約当初から利息制限法の範囲内の金利で返済をしていたのであれば、とっくの昔に返済は終わっていたことになります。そのため取引期間が長い方は一度弁護士に相談されるのをおすすめします。相談費用は無料です。費用無料で過払い金の診断をしてもらうことができます。過払い金の詳しい調査、再計算を行い過払い金があると判明すれば、過払い金返還請求手続きを開始します。正式に受任するとなってから着手金等の費用が初めて発生します。過払い金が発生していてそれでも残高を減額させるだけにとどまると任意整理の手続きとなりブラックリストに登録されますが、過払い金で完済ができるのであればブラックリストに登録されることなく手続きできます。その場合、費用も過払い金から清算する形となるので無料で行え、貯金が増えることになります。